© Copyright 2016 by sakuraistudio 

1/0

作家友達を家に呼ぶことも、教え子を家に呼ぶこともなく、家族は、まったく作家としての桜井敏生を知らなかった。

私が海外に出て、多くの作品と出逢うことで、父の作品に秘める奥深さと技量を理解し始め、この作家を病と一緒に眠らせてはいけないと思いだし、父を「知りたい」と言う気持ちが湧き出した。

父と会話ができなくなる前に、少しでも作家としてそして講師としての桜井を知り、作家としての父と話がしたい。思い切って父が携わっていた造形大学の先生に父のことを伺った。驚いた。父の作品に現れている豊かさみたいなものは、私だけ感じていたのではなかった。そして、文章を提供したいと言う関係者が発生してきた。感激でした。ー みなさんの文章を読んでいて、彫刻って魅力のある仕事だなとも改めて思いました。

​そして みなさんに、父の分も彫刻家として頑張って欲しいと心から願います。                    桜井 由子